すずめとさんぽ

HSP気質の大学生によるのんびりブログ

HSP

HSP 真面目:人一倍考えられるから+怒られたくない…

投稿日:2020年4月12日 更新日:



こんにちは、ふくらすずめです。

HSP気質の大学生です。

よく、「真面目だね」と声をかけられることがあります。

私も自分のことをクソ真面目だと思っているのですが、

それが自分にとっていいこととは思えなくて、

「優等生の型に収まっていて、おもしろみがない人間だな」なんて思っています。

そもそも、私は生まれつき問題児体質で、幼稚園で先生と喧嘩するのが日課でした。

ではなぜ、自分でも言うほど、真面目に見られる人格になったのか

それにはHSPの気質が関係していたのだと最近知りました。

今回はHSPの人がどうして真面目だと思われるのかお話しして行きます。

どうしてHSP気質の人が真面目だと言われるのか

これは私の場合、「怒られたくないからです

別に成績を上げようとか、媚を売るとか全く考えていなくて、

この「怒られたくない」一心でいい子ちゃんを演じるようになりました。

これはHSPあるあるのようで、「嫌われたくないな」とか「怒られるのは嫌だな」という気持ちから

人に真面目だと言われるような、人聞きのいい優等生タイプになってしまうそう。

それから、人より物事の側面をよく見て、じっくりじっくり考えることができるので、

物事の本質を見極めることができて、常に状況把握や、その場を客観視することができるの能力がHSPには備わっています。

意見を言う時も見通しがはっきりできていて、どこか俯瞰したような立場からものを言えるので

周りからすると「頭いい!」=「真面目!」になる…

でも真面目であることよりはいいことです。困ることもたまにあるけど、いいことの方が多いと思っています。

真面目でいいこと

学習能力が高い。

まずはこれだと思います。

人に言われたことをきちんと理解できたり、理解できるまで頭で何度も噛み砕いて考えることができる良さがあるので、

それだけ学習能力も高くなります。

英才教育や生まれ持った才能関係なしにです。

 

人に信頼される

誠実な人が人に信頼されるのは当たり前です。

それにHSPは人を裏切ったりするようなことはしないので尚更です。

学校生活でも、仕事をするにしても、信用されることはいいにこしたことはないです。

真面目でいいことは結構想像がつきやすいことなのでこれくらいにして、私が真面目すぎて困ったことをお話しします。

真面目で困ること

先生に媚を売っていると思われて、周りの生徒を全員敵に回していた。

先生の前ではいい子ぶっていたのは事実ですが、当時は先生がめちゃくちゃ怖いものという認識で先生に怒られたくないからやっていたので

なぜ周りに馴染みにくいのか不思議でした。

私はもっと友達と遊びたいし話したいのに、「真面目」という雰囲気が近寄りがたくしていたのもあるそうで

高校生になってから当時のことを親に聞いて知りました。

 

優等生の型から抜け出せない

大学でお芝居を少しかじっているのですが、羽目をはずすというのができなくて困ります。

自分ではこうしたいというプランがあっても、誰もが思いつきそうな優等生なお芝居で終わってしまい、そこから殻を破って違う自分を見せられない…

つまらないとも言えます。

今まで外面を固めすぎたせいで、外で家の中にいるような変人さを出したくても殻を破れずにいるのです。

お芝居が上手くなりたいと思っているので殻を破るのは、今後の私の課題でもあります。

本当はどんな人間なのかをもっと表に出したい!

直前に書いた通り、私は外面はいい子ぶって真面目に過ごしてきましたが、家の中では本当にダラダラしていて、よく歌うしよく踊ります。

オンとオフの切り替えがすごいとよく母に言われてきました。

仲のいい友人間ではオフの姿を見せるようになってはいます。でも初対面の人や大学で関わる人たちの間ではまだ真面目が抜け切らない。

本質は少年っぽく、いろんな感情が飛び交うような、真面目とはほど遠い性格だったはずで、

最近は真面目さんでいること自体辞めたいなと思っているので、

周りの人に、内面の少年ぽい自分を見せられるようになったら、いいなと考えています。

じゃあ、どうするか…

今まで培ってきた真面目な自分が簡単に消えることはないのかなと半ば諦めて、どっちも自分だと認めることが大事だと、言われたことがあります。

その上で、大人を使って、自分がどこまでふざけてても許されるのか試してみたらいいとその人は言っていました。

私からすると、あまり好まないやり方なのですが、大人ではなくて、友人間で自分のことを取り繕わず出してみようと思って意識的に友人と関わっています。

でも、HSPが真面目になることは悪いことではないから、その「真面目さ」を自分にとっていらないものと思わない限りは、悩む必要もありません。

まとめ

HSPの人が真面目だと捉えられやすいのは、人に怒られないためだとか、嫌われないためであって、本人が真面目にしていようという自覚が少ないものだと思います。

非HSPの人より色々なものを見ているので(意識しなくても見えるの方が正しいかもしれません)的確な物言いや、同世代の人たちからすると大人びた考え方を持てるのもまた、HSPが真面目に見られる所以ではないでしょうか。

そのうえで私のように別の悩みが生まれることもあるかもしれないけれど、真面目であること自体は全く悪いことではなく、

HSPの長所でもあるのです。

もしも自分が真面目で悩むことがあれば、それは本質ではなく、手に持つ能力だと捉えて、活かし方を考えると、悩みではなくなる気がします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!


-HSP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは受け付けておりません。(スパム対策)

関連記事

HSP 怒り:不機嫌な人を見ると落ち着かないとき その対応策

こんにちは。ふくらすずめです。   今回は、怒りや、不機嫌に弱いHSPさんのためのお話をします。   「怒りに弱いってどういうこと?」という人も、「実際悩んでます」という人も、 & …

HSP 人間関係:人と関わるときに心がけていること

こんにちは、ふくらすずめです。 私は自分がHSPの気質が強いと知ってから、1年くらいが経ちました。 思考を変えたことによって、乗り越えられた部分もあり、 それでも苦しい、疲れると思う部分もある、 まだ …

HSP バイト:HSPはどんなバイトを選ぶべきか+経験談

こんにちは、ふくらすずめです。 HSP気質の学生さんは、アルバイト選び、どうしていますか? 私は今大学生で、高校時代からいくつかのアルバイトを経験してきました。 コンビニ、ケーキ屋さん、単発のイベント …

HSP 生き方:なにも背負わず自由に生きていいと思う

こんにちは、ふくらすずめです。 HSP気味の大学生です。 自分がHSPなのかもなと考えるようになってから1年ほど経ちました。 分かっていても、日常で悩むことは多く、人間関係でも疲れることばかりで、 H …

HSP 才能:HSPさんはこんな優れたものを持ってると思うんです!

こんにちは。ふくらすずめです。 HSP気味の大学生です。 2019年の5月にたまたま見ていた動画で、HSPについて知りました。 その特徴があまりにも私に当てはまるので、過去に人間関係や学校関係で悩んで …