すずめとさんぽ

HSP気質の大学生によるのんびりブログ

HSP

HSP 生き方:なにも背負わず自由に生きていいと思う

投稿日:2020年4月10日 更新日:




こんにちは、ふくらすずめです。

HSP気味の大学生です。

自分がHSPなのかもなと考えるようになってから1年ほど経ちました。

分かっていても、日常で悩むことは多く、人間関係でも疲れることばかりで、

HSPという言葉を知ってしまったから、逆に意識してしまったりもして、

この気質を持っているのが嫌になることもあります。

でも、1年過ごしてみて、気づいたことや自分の根底に作るべき土台の考え方、この先の生き方など

自分なりによく考えるようになりました。

これが正解という訳では全く無いけれど、

「HSPであるわたしは、自分がこんな生き方をすればいいんじゃないかと思っています。」

ということをテーマにお話します。

今回はそんな、私なりの生き方について、共有できればと思っています。(*´∀`*)

HSPは何がつらい?

HSPは五感がとこころが繊細で、主にどの感覚が鋭いかは人それぞれですが、

私はこころや感情が繊細すぎるところがつらいです。

五感は主に聴覚が機敏ですが、生活に支障が出るレベルではないので大丈夫

しかしこころの面では、お豆腐飛び越えて豆乳メンタルだと自負しています。

なにしろ人間関係がつらい…(><)

初対面の人や、バイト先の人は平気なんですけど、

友達や、仲良くなり始めの同学年の人達となると、

急にそっけない素振りをみせたり、友達の輪が広がることに不満を持ったり

ほんの少しのすれ違いで、それまでの関係が一気に壊れたり、

でも友人がいない時や会わない時に、それはそれで寂しさを感じたり、

もうめちゃくちゃでしたね笑

この先もずっとこんな感じなのかなとか

絶対結婚なんかできねーや

みたいなことを考えたりして

嫌気がさしてました。

1年経って考えるようになった、生き方

1年なんてド新人で、

もっと長い時間、HSPや、自分の気質と向き合ってきた方がいると思うので、

生き方なんて言うのも生意気かもしれません

だから、「あるHSP気質の大学生はこんな風に生きてんだな」という感じで見てください

私なりの生き方とは

・今は自分主義で生きる

私は人のために自分の時間や労力を使って、後からめちゃくちゃ後悔するというループを繰り返してました。

中学や高校の時は、見返りが返ってこないのに自分ばかり人のために頑張ってるのが嫌で

でもなんとかしてあげたいという気持ちが優先してしまい、結果後悔するという…

まず見返りを求めるのが間違ってたんですけどね。

そこで、今はどうしてるかと言うと、

自分の時間を第一優先にして、自分のやりたいことのために行動する

ことをしてます。

後々、就職をして社会のために働くようになったら話は別ですが

今は大学生なので、この考えでもいいと思っています。

人のために生きるよりも、自分中心で生きてることをまず実感するべきだと思うので

人助けをする時は、助けてほしいと言われた時だけ

周りの人とほどほどの心の距離を保って

生活することを心がけています。

自己中心的な人間がいい顔をされないのは、協調性重視の小学校や、中学校という環境の中にいるからであって

プライベートで、個々に独立した人間関係が出来ている大学生の今は

自己中心的でいることの方が大切だと思うようにしています。

誰しもがその人からの目で世界を見ていて、その人の世界を生きているのは当然ですからね。

 

・友達という概念をとっぱらう

少し前までは、自分が友達とずっと仲良くしていることは苦手なくせに

友達が自分から離れていくのが嫌で

すれ違いがある時は必死で仲を戻そうとして

色々やっていましたが

最近は、そもそも人との繋がりなんて偶然だし、自分がその人と一緒にいないといけない決まりなんてない

みたいな考え方になってきて

この「友達」という言葉自体に疑問を抱くようになっています。

友達という言葉の定義も、よくわからないですからね

友達だからこうじゃなきゃいけない

みたいな考えも、自分を縛ることになっていたので

「友達」という言葉を使って人同士の関係を表すのをやめました。

「知り合い」と「仲のいい人」

これならくっつくも離れるもないし、自分とその人の関係を縛るものもないから

いちいちダメージを受ける必要もありません。

「悲しい人」と思われるかもしれませんが

私の中では、今まで友達だから突出していた関係を大事にしようとする気持ちが

今は仲のいい人達に少しずつ平等に分け与えられているので、

前より余計なことを考える必要がなくなって、負担は軽減されましたよ。

 

・疲れたときは全力で休む

毎日なにかしら予定があって、無駄な休みの時間をなくすことに執着していた私ですが、

当然、それでは心も身体も疲れてやる気が出なくなってしまうことに気がついたので、

空いた時間で昼寝をするようになったり、

何も予定を入れない「空白の日」を作るようになったり、

休むことに集中するようになりました。

それから目的が何もない状態で過ごすことにも。

半日くらい布団の中でぼーっとしている時もあるし、動画を見ている時も、とにかく散歩をしている時もあって

オンとオフの差を極端に付けています。

そこまでぐうたら休めば、次動く日のための回復力もアップするので。

私は大体2.3週間に1日、この「空白の日」を作っています。

 

・HSPを克服するのではなくて、自分を守る

自分がHSPの気質が強いと分かった時は、「こんなの治るわけないじゃん」と悲観してましたが

治すとか、前を向くとか割とどうでもよくて

HSPにとっては生きづらいこの環境で、どうやって自分を守っていこうか考えるほうに考え方もシフトしていきました。

自分の守り方が分かると、だんだんHSPでも問題なく生活できるようになってきて

いつの間にか自分がHSPだということを忘れて前を向いてます。

自分が何が嫌なのかを洗い出して、

じゃあそれを防ぐにはどうしたらいいか考えて、

防御策を練る

思考の面でも行動面でも。

私の場合は、これでかなり前向きになれました。

まとめ

生き方といったら大袈裟ですが、今の私はこんな感じです。(*’ω’*)

HSPは病気ではなく、ただの概念であって、具体的な対応策を提示しても、最終的に考え方や行動を研究して、乗り越えるのは当人です。

これはわたしの実践するやり方で、だいぶ力技でなんとかなっている部分も多いので、

これをそのまま参考にするのではなくて、自分の特徴と照らし合わせて、生き方(毎日の過ごし方)を考えてみてください。

最後までご覧いただいて、ありがとうございました!



-HSP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは受け付けておりません。(スパム対策)

関連記事

HSP 人間関係:人と関わるときに心がけていること

こんにちは、ふくらすずめです。 私は自分がHSPの気質が強いと知ってから、1年くらいが経ちました。 思考を変えたことによって、乗り越えられた部分もあり、 それでも苦しい、疲れると思う部分もある、 まだ …

HSP 真面目:人一倍考えられるから+怒られたくない…

こんにちは、ふくらすずめです。 HSP気質の大学生です。 よく、「真面目だね」と声をかけられることがあります。 私も自分のことをクソ真面目だと思っているのですが、 それが自分にとっていいこととは思えな …

HSP 才能:HSPさんはこんな優れたものを持ってると思うんです!

こんにちは。ふくらすずめです。 HSP気味の大学生です。 2019年の5月にたまたま見ていた動画で、HSPについて知りました。 その特徴があまりにも私に当てはまるので、過去に人間関係や学校関係で悩んで …

HSP 怒り:不機嫌な人を見ると落ち着かないとき その対応策

こんにちは。ふくらすずめです。   今回は、怒りや、不機嫌に弱いHSPさんのためのお話をします。   「怒りに弱いってどういうこと?」という人も、「実際悩んでます」という人も、 & …

HSP診断:繊細さんがいることを知ってもらうために

はじめに まずは、このサイトを開いてくれてありがとうございます! 初めまして、ふくらすずめです。HSP気質な大学生です。HSPな自分と向き合いつつ、自由気ままに、のんびり生活しています。 決して克服し …