すずめとさんぽ

HSP気質の大学生によるのんびりブログ

HSP

HSP バイト:HSPはどんなバイトを選ぶべきか+経験談

投稿日:2020年4月9日 更新日:



こんにちは、ふくらすずめです。

HSP気質の学生さんは、アルバイト選び、どうしていますか?

私は今大学生で、高校時代からいくつかのアルバイトを経験してきました。

コンビニ、ケーキ屋さん、単発のイベントスタッフや派遣スタッフ、学習塾などなど

業種はバラバラですが、どれも一年以上は続けていたアルバイトです。

今回は、HSP気質の私が、アルバイトをしてきて感じたこと、大学生になってからのアルバイト選びで考えたことや、

これからアルバイトを探すとしたら何を基準に考えるのか、

「HSP気質の人に合うアルバイトってなんだろう」

ということを経験からお話していきたいと思います。

学生さんでHSP気質の方に、少し役立ちそうなことが書いてあると、

捉えていただけるといいなと思います。

これまでのアルバイト経験から感じたこと

・接客アルバイト編

接客のアルバイトをして思ったのは、

「いい経験にはなったけど自分から選ばない」

ということでした。

接客業をしていたのは高校生の時で、できるバイトもほとんど接客業しかなかったので、

自動的に接客をしていたわけですが

コンビニは当たり前ですが本当に色々なお客さんがくるので、

態度が悪いお客さんや、高校生を見下してくるお客さんも時々いるわけです。

それにいちいちダメージを受けてしまって

(受け流す、気にしないができないので)

やる気を削がれていました。

それから、業務時間内にやることが多くて、

そういう場合、頭の中でこれからやる作業を組み立てて一つずつこなしていくというやり方で作業を進めるのですが、

お客さんも来るし、追加で作業も頼まれるしで、

頭がパンクすることがよくありました。

臨機応変や、柔軟に対応するのが下手だったんだと思います。

幸い、店長や従業員がほとんど知り合いで、お店スタッフの人間関係がとっても良好だったので、

続けられたし、本気でやめようとはしませんでした。

並行してやっていたケーキ屋さんは、お客さんも常連の優しい人ばかりで、お客さんに困ることはなかったですが、

自営業のお店で、店長がコミュニケーションを取りづらい寡黙な人で、

休みの申請や、作業でわからないことが聞きづらくて、

一年なんとか続けて辞めてしまいました。

人と関わるのがめちゃくちゃ嫌いなわけではなかったのですが、接客業が半永久的に続くのが、また

早く辞めたいなと思う原因を作ってしまいました。

あらかじめ期間を決めてから始めると、「ずっと続くから憂鬱」という負担が少しは減らせるかもしれません。

 

・単発のイベントスタッフ、派遣アルバイト編

大学に入ってから始めたアルバイトです。

固定のバイトが全く続かなくて、単発のバイトをしている友達の話を聞いて

自分で日程や案件を選んで仕事ができるのがいいなと思って、

派遣スタッフの会社に5社くらい登録して、案件を選びつつ土日にアルバイトをしていました。

5社登録しても継続的にアルバイトに入ったのは1社だけでしたが…

日程や仕事内容も見つつ自分で選べるので、バイトをしたくない時は、シフトを全く入れないこともできて

精神的にやりやすかったです。

内容も、大規模なイベントや人気アーティストにコンサートになると、来場者もそこまでピリピリしたお客さんはいません。

むしろスタッフを、労ってくれるお客さんが多くて嬉しかったです。

スタッフ内で罵声が飛び交っていたことはありますが笑

その時だけ我慢すればもう二度と会わないだろう人たちなので、耐えられました。

気をまわして色々な作業を手伝うと、クライアント会社のスタッフさんが優しくしてくれますし、

猫をかぶってせっせとやってました。

ただ、たくさんシフトを入れないと稼げないので、負担を減らすためにセーブしながらだと

なかなか収入が入ってきません。

自分で管理してある程度シフトを入れなければならないので、だんだん疲れてきて今はお休み中です。

 

・学習塾のアルバイト編

これが一番最近のアルバイトで、今も続けています。

今までやってたアルバイトでダントツで自分に合うアルバイトでした。

大学生のスタッフさんが多いですが、ほとんどコミュニケーショうを取る機会がなく、

教室の指導担当の先生と、シフト担当の先生とだけお話をするので、

人間関係が皆無です。

子供を相手にするのが苦ではなかったので、対人で生じるストレスみたいなものをほとんど感じずに働くことができています。

これも大学の友達からおすすめされてはじめたのですが、私にとっても居心地がいいバイト先で

選んで良かったと思っています。

アルバイト選びで気をつけるようになったこと

バイトを色々と経験してきて、

私はバイトが私生活に影響しやすく、辞めたくなってくると、バイトがある日全体で気分が落ち込みやすくなるとわかったので

私生活に影響が出ないように、

できる限り、自分にとってリスクの少ないアルバイトをよーく考えてバイトを探すようになりました。

日程や時間についてはもちろん、面接に行った時にバイト先の人間関係を聞いたり、

担当者や一緒に働く人たちの人柄をものすごくよく見て、厳しそうな人はいないか、他のスタッフさんとどう接しているか

ものすごく精査します。(笑)

自分で選べるのに、その選んだバイトで自分の首を絞めるのは避けたいですからね。

あとは、接客業を避けて、作業系の求人を見たり、自分の特技や好きなことを活かせるような仕事探して、

バイトをすることからくる負担をとにかく軽減させるように頑張ります。

実際にバイトで働くようになってからより、バイト選びの方でエネルギーを使うくらいです。

HSPの人に合うアルバイトとは

明確にこの職種がいいというのは一概には言えませんが、私なら「接客以外の仕事を選ぶといいよ」とアドバイスします。

人と接しないだけで驚くほどストレスがなくなります。

あとは、量を生産しないと稼ぐのは難しいですが、在宅でできるアルバイトや、

友人がすでに働いていて、自分が仕事を始めやすい環境にある場所など、

自分にとってストレスフリーのアルバイトを選ぶことを意識するといいかもしれません。

余談ですが、周りの友達で、今のバイト先が辛いから辞めたいけど、なかなか辞めたいと言えなくて困るという声をよく聞きました。

雇用側から見たら怒られるかもしれませんが、

学生のアルバイトは、お金を稼ぐことが第一の目的で、自分のために働いていて、

嫌なバイトのために自分の時間や労力を犠牲にする必要はないと思うので、

嫌ならすぐに辞めて他のバイトを探せばいいよと声をかけます。

HSPは特に自分に合うバイトを探すことが大事なので、長続きしないバイトを転々としてでも、自分に合うバイトを探すことに力を入れるべきだと思います。

まとめ

今回はHSPのバイトについてお話ししてきました。

HSPではない人にも言えることですが、特にHSPは普段の生活から環境を整えていかないと自分が苦しくなってしまうので、

できる限り、どんなバイトが合うのか、続けられるのか検討して探すといいと思います。

そして、接客業から離れて求人を見てみることをおすすめします。

接客じゃなくても、魅力的な求人がたくさんありますよ!

みなさんがいいバイト先を見つけて、のびのび働けるよことを願っています!

最後までご覧いただいて、ありがとうございました!


-HSP

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは受け付けておりません。(スパム対策)

関連記事

HSP 特徴:HSPといっても、特徴は人それぞれ

こんにちは。ふくらすずめです。HSPについて人にお話をする時に、よく伝える言葉は「人それぞれなんだよ」ということ。 五感が鋭い人もいれば、こころが機敏な人もいて、特徴の数も違う、みんながみんな同じ特徴 …

HSP 予知能力:HSPは危機管理能力がとっても高い!

こんにちは、ふくらすずめです。 HSP気質の大学生です。 私は五感でいうと聴力が機敏で、人混みや人の咀嚼音が苦手。 あとはこころが繊細すぎて、よく泣くわ、友達と仲良くできないわ、もう大変でした。 今は …

HSP SNS:よくありがちなこと

こんにちは、ふくらすずめです。   HSP気質の人にありがちなのが「SNS疲れしやすい」ということ。   「相手が連絡しても大丈夫な状況なのかな」   「このメッセージを …

HSP診断:繊細さんがいることを知ってもらうために

はじめに まずは、このサイトを開いてくれてありがとうございます! 初めまして、ふくらすずめです。HSP気質な大学生です。HSPな自分と向き合いつつ、自由気ままに、のんびり生活しています。 決して克服し …

HSP 生き方:なにも背負わず自由に生きていいと思う

こんにちは、ふくらすずめです。 HSP気味の大学生です。 自分がHSPなのかもなと考えるようになってから1年ほど経ちました。 分かっていても、日常で悩むことは多く、人間関係でも疲れることばかりで、 H …